レトビラの効果と副作用について

パートナーと性行為をするときに、満足いくように勃起しない方が多いと思います。最近では、20代や30代という若い年代でも勃起しない人が増えているようです。

その結果、小作りに支障をきたしたり、パートナーとの信頼関係にも影響を及ぼしたりすることもあります。
そんな男性におすすめなのが、バイアグラの次に有名なED治療薬であるレトビラです。

今回は、レトビラに配合されている成分や効果、副作用などについて、分かりやすく解説していきたいと思います。

ED治療薬レトビラの効果と仕組み

まず、先に注意しておかなければならないことは、レトビラには、勃起する力を上げるような効果は期待できません。
レトビラの効果は、勃起状態を持続させやすくすることです。

その仕組みは、次のようになっています。レトビラに配合されている塩酸バルデナフィル水和物が、勃起状態を解消させてしまうPED5の働きを阻害することで、勃起状態を持続しやすくするのです。

PED5を阻害する成分は、レトビラ以外のED治療薬に配合されていて、レトビラには塩酸バルデナフィル水和物が配合されています。

レトビラを服用するメリットは?

レトビラには、メリットが3つあります。
一つ目は、効果が出るまでの時間が短い点です。

レトビラを服用してから、わずか15分で効果が出ると言われています。すぐに効果を期待できることがレトビラがED治療薬として人気が高い理由の一つでもあります。

二つ目は、ペニスが硬くなったときの硬さが自然だということです。
ED治療薬によっては、硬すぎるがゆえに、パートナーに違和感を覚えられてしまうものもあります。

しかし、レトビラであれば自然な硬さに仕上がるため、心地よい夜の営みになります。

3つ目は、食べ物の影響があまりないことです。
ED治療薬の中でも特に有名なバイアグラは食事とのタイミングをみて飲む必要があります。

バイアグラと比較すると、レトビラは食事の影響を受けにくいです。ただ、食後よりも空腹時に服用する方が高い効果を望めるようです。食べ物を食べた後の胃や腸壁は、レトビラの効果を妨げてしまう働きがあります。そのため、レトビラを服用するタイミングは食前の方が良いと言われているのです。

レトビラの副作用リスク

レトビラを服用することで生じる可能性のある副作用として、顔のほてりや目が赤くなるといった症状があります。
それ以外にも動悸や頭痛などの症状が現れる可能性もあります。

ただ、それぞれの副作用は、レトビラの効果が治まるのに比例して症状も治まっていくので心配する必要はないでしょう。

レトビラの効果や副作用まとめ

ペニスの悩みを抱えている男性は、多いと思います。誰にも相談できずにいる方も多いのではないでしょうか。
そのような方は、病院で診療してもらうことをおすすめします。

レトビラなどのED治療薬を服用すれば効果的に改善していくことができます。